疲労回復

ローヤルゼリーと自律神経失調症

自律神経失調症は、自律神経を司る脳の一部の働きが、上手く行かなくなるために起こる病気だといわれていますが、ローヤルゼリーがこの病気に効果があるという説があります。
自律神経失調症は、その症状として、めまいや不眠、食欲不振、動悸、肩こりなどいろいろでてくるものです。
原因としては、交感神経と副交感神経と呼ばれている人の意志とは別に働いている自律神経系のバランスが崩れることで起こるとされています。

交感神経は人が活動している時に活発になり、副交感神経は逆に人が休息している時に活発になる神経系です。
この神経系を司っているところは、脳の視床下部と言われているところですが、さらにその上位の部分が脳の脳幹の中にあり、これらの活動が上手く行かなくなるために自律神経失調が起こるとされていますが、実際のところはよくわからない部分もあるそうです。
治療には、西洋薬や漢方薬を服用ことやマッサージや鍼灸をしたりカウンセリングをすることもあるようです。

ここで、西洋薬などの薬の代わりにローヤルゼリーを摂取することで、この病気の症状を改善できるという説が出てきます。
どうしてローヤルゼリーなのかと言いますと、含まれているデセン酸という物質が脳の自律神経の活動を支配している部分に作用して正常な活動をさせることが出来るからです。
しかし、これに対しては根拠が薄弱でその効果を認めない人も専門医を中心にいることも確かです。
しかし、副作用が気になる方も少なくないはずです。こちらhttp://www.hollandlimo.net/uku.htmlに詳しく書いてあるので是非ご覧ください。

しかし、ローヤルゼリー関係の口コミなどを見てみますと、ある程度の長期に渡って摂取し続けることで、
上記のめまいなど自律神経失調症特有の症状が改善されたというような書き込みがいくつもあります。
このような書き込みを信じるとすれば、あながちローヤルゼリーの効果を否定することも出来ません。

ローヤルゼリーには西洋薬のような副作用がないことから、自律神経失調症の症状がある人は一度試してみる価値がないとは言えません。
また、こちらhttp://www.healthetech.com/recommendation.htmlにはおすすめのローヤルゼリーについて詳しく書いてあるので是非ご覧ください。

Copyright(C) 2013 栄養価が高い物とは All Rights Reserved.