疲労回復

ローヤルゼリーはどうやって摂るのか

ローヤルゼリーはハチミツと同じようにミツバチの巣からとれるのですが、ハチミツとは違い色々なビタミンやアミノ酸、ミネラルを含む健康食品です。
そのままの状態のものは生ローヤルゼリーと呼ばれていますが、生であることから保存に気を使わなければなりませんし、そのままで摂取するには抵抗のある方も多いと思います。

そんな生タイプを飲みやすくするには、何かと混ぜるという方法があります。
例えば、ジュース類やヨーグルトなどと混ぜますと薄まりますから、独特の食感も気にならなくなります。
この時のローヤルゼリーの量も生でしたら1g前後と少ない量ですみますから普通のジュースなどをいただく感覚で摂取できます。
他には、オブラートでくるんで摂取するとかハチミツなどと混ぜて凍らせることでシャーベットを食べる感覚でいただくこともできます。

生タイプ以外には、乾燥したものや加工されて成分の一部にローヤルゼリーの含まれているものがあります。

前者は乾燥ローヤルゼリーと呼ばれ、後者は調整ローヤルゼリーといいます。

乾燥タイプは、生のものと同じように何かに混ぜるなどして摂取すれば良いでしょう。
調整タイプの場合にはいろいろに加工された製品がありますが、どれもが生タイプよりも摂取しやすいように工夫されています。
錠剤のように固形物になっている製品もあれば、液体ドリンクのような製品もあります。
どのようなものが良いかは人それぞれ好みですから、気に入った製品を選べば良いでしょう。

ローヤルゼリーの一日の摂取量は人にもよりますが、生タイプでだいたい1g〜3gといわれています。
サプリメントなどの調整タイプの場合には、含まれている量がどのくらいかは製品によって異なりますので、
生タイプの量に換算して上記の量を摂取すると良いでしょう。

ローヤルゼリーは、適量を毎日摂取し続けるのが美容、健康に効果があるといわれています。
▼こちらのサイトでもローヤルゼリーについて詳しい解説がされていますので是非ご覧ください。

Copyright(C) 2013 栄養価が高い物とは All Rights Reserved.